トップ

歯科の情報を得る

歯科の基礎について知る

歯周病の初期症状は歯科で確認

歯茎が赤い、歯磨きをすると出血する、という場合は歯科にて歯周病の検査をしてもらいます。これは初期の症状として歯茎の赤みがあるからです。歯周病は自覚症状があまりなく、気が付くと進行している病です。虫歯がなくてもなる危険性はあり、ほっておくと歯が抜け落ちてしまう原因にもなります。歯が伸びた気がする、硬いものを食べると歯が痛い、熱いものもしみる、という場合は歯科を受診するようにします。早期に発見すると治療しやすくなるので、定期的に歯の様子をチェックしてもらうとより安心です。歯磨きの仕方を見直すことも予防法として大切です。

定期健診で初期の歯周病を治す

歯科医院へ行って歯周病だと診断されても実際ピンとこないのが普通です。歯槽膿漏と言えばなんとなく分かるのではないでしょうか。ただ初期の歯周病の時点で発見することはほとんど難しいと言われています。初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、大概は進行した状態で明らかになることが多いです。その段階でしたら十分に治療することが可能です。残念ながら進行した状態では下手をすると歯を抜かなくてはいけないケースもあります。やはり歯科医院へは定期的に検診をして歯のクリーニングをしてもらうことが一番の予防につながります。抜いた歯は二度と生えてくることはありません。面倒でも定期健診に行くのがいいでしょう。

↑PAGE TOP